2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.11.30 (Wed)

根菜と舞茸のコトコトビーフシチュー。


寒くなってきました。
そろそろコトコト料理はいかかでしょう~?^^

まずは本日のワインです。
【ティント・ペスケラ クリアンサ 2008】
ティント・ペスケラ クリアンサ
* 赤 フルボディ
* 産地:スペイン リベラ・デル・ドゥエロ
* 品種:テンプラニーリョ:100%
* \3,350 / 阪神大ファインフェスタ
* ロバート・パーカーより「スペインのペトリュス」と評価されて世界的に有名になったワイン。
 この濃厚な味わいはまさに至宝の傑作。


今家にあるあワインの中で
一番今日のメインに合いそうだったので抜栓しました。
とっても濃ゆくて、私達好みの味のワイン。
こんな感じのいい赤ワイン飲むのって久々だなぁ~。

【大山モモ生ハム】
大山モモ生ハム
今日はもも肉。食べ応えがあってグー♪です。

【しいたけのブルーチーズ焼】
しいたけのブルーチーズ焼
しいたけにブルーチーズとバターを乗せてトースターで焼いたものです。
さつまいものブルーチーズ和えなんかと比べると、
ブルーチーズの味が強いお料理です。

【根菜と舞茸のビーフシチュー】
根菜と舞茸のビーフシチュー
*** 作り方 ***
①牛すじ肉と水+塩を圧力鍋にかける。
 すじ肉を取り出し、スープを漉してアクをとる。
②にんにく、たまねぎ、セロリ、人参をみじん切り。
 バターで香りが出るまで炒める。(煮込み鍋で)
③赤ワイン(今回2カップ使った)とローリエを入れ、半分くらいになるまで煮詰める。
④れんこん、ごぼうを適当な大きさに切り、サラダ油ひいてフライパンで炒める。
 塩・こしょう。焼き目付くまで。
⑤煮込み鍋に①の牛すじとスープ、トマトペーストを入れ、炒めた根菜を加える。
⑥しばらく煮込む
⑦市販のビーフシチューのルーを入れる。
  ここで味を見て、今回は醤油、赤ワイン、バルサミコを少しづつ足しました。
⑧食べる直前にルーを温め、舞茸をフライパンで炒めてブランデーでフランベ→
 ルーに加え軽く煮込んだら完成!!

根菜と舞茸のビーフシチュー
ストウブでコトコト煮込んだごぼうは柔らかく、レンコンは歯ごたえが残っていて
食べ応えがあり、ルーは何とも言えない深い味わいで、とても美味しかったです!!
これは是非ニューワールドの重めの赤ワインと合わせて頂きたい!(*>ω<)o

今回は牛すじで作りましたが、牛は煮込み用のものを使ってもOK!
その際は、塩・こしょうして小麦粉をはたき、フライパンで牛を炒めて煮込み鍋へ
→ その油を利用してれんこん・ごぼうを炒める・・・という手順になります。

もっと簡単に済ませたい方は、
ビーフシチューのルーの箱の裏に書いてある作り方で、
具をごぼうとれんこん(里芋なんか入れても面白そう)に変えて作ったらいいと思います。

コトコト煮込んだビーフシチューはドリアにも展開しました。
根菜と舞茸のビーフシチュー
やっぱりこれもウマシ!でした♪ ( ´艸`)

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ

ランキング参加してます。
応援ポチッとお願いします。(*^▽^*)

      ******** 本日のワインです。 ********


テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

タグ : ストウブ

22:11  |  赤ワイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2011.11.29 (Tue)

サンマのオイル煮。


大阪の選挙は橋本さんの圧勝でしたねー。
大阪の既得権益の絡んでいない一般市民は「現状維持」より
「改革」を選択したわけですが、市役所職員のインタビューなどを見ていると
今後、抵抗や反発やいろんな嫌がらせがあるんだろうな・・と思います。
(市役所だけでなく、いろんな所から嫌がらせを受けるのでしょう)

私自身は大阪都構想に大賛成というわけでもなく、
選挙もどちらに投票してよいのやら正直とても迷ったのですが、
自民・民主・共産が躍起になって平松さんの支持に回ったり、
(手が組めるんだったら、普段からもっと協力しあってさっさと震災復興して欲しい)
橋本さんを倒す為にあの手、この手、卑怯な手も・・・。
そんなん見ると、やっぱみんな相当おいしい思いをしてるのね・・・
って思います。

最大の改革は「破綻」であると
どこかに書いてあったけれど、
そうなるまで権利は手放せないものなのでしょうか?
それとも今回をきっかけに変わってゆけるのでしょうか?

どうなるかは分かりませんが、
間違った情報に振り回されない自分でいたいなーと思います。

本日のお酒です。
【ムートン・カデ・ブラン】
ムートンカデ
* 白 辛口
* 産地:フランス
* 品種:ソーヴィニヨンブラン、セミヨン、ミュスカデル
* グレープフルーツやレモンなどの上品な果実の香りに
  繊細でエレガントな味わい。

 
頂きもののムートンカデの白を開けました。
赤と同様、中立的な味のワイン。
ふくよか過ぎず、薄すぎず、酸味きつ過ぎず、何かの風味が強いわけでもなく
使いやすいワインだなーって感じです。

【大山ロース生ハム】
大山生ハム
ダンナさまが大山ハムを買ってきてくれました♪
燻製の香り豊かで、やっぱり美味しいです

【カリフラワーのグラタン】
カリフラワーのグラタン
玉ねぎとカリフラワーで作った白いグラタンです。
ハムもベーコンも入れなかったので、味が弱いかな?と心配しましたが
塩気もちょうど良かったし、カリフラワーは柔らかで優しく、
とても美味しく出来ました♪
ホワイトソースには塩麹を大さじ1ほど忍ばせました。
食べても良くわかんないんだけど、多分普通のホワイトソースより
美味しくなってくれているんだろうと思います。

【アスパラの塩こぶバターソテー】
アスパラの塩こぶバターソテー
ミニスキレットでちゃちゃっと作った小太郎さんのレシピ
まろやかなバターの風味に塩こぶのうまみが合わさって美味しいです。
次回は日本酒のお供にしたい!(*>ω<)o

【サンマのオイル煮】
サンマのオイル煮
またまたサンマ料理です。
記事にはしてなかったけど、実は先週サンマのオイル煮を仕込んでいまして、
それを今回ストウブ鍋に移し、プチトマトを入れて温めて出しました。
サンマのオイル煮
温めたバケッの上にプチトマトを乗せて潰し、サンマの身を乗っけて食べたら


めちゃうまー!!!!(*>ω<)o


プチトマト、一緒に入れて本当に良かったです!

ちなみにサンマのオイル煮は、
筒切りにしてわたを抜いたさんまに塩をきつめにふり、
しばらくおいて鍋に移し、(塩はそのまま)
唐辛子とたっぷりのにんにくを入れ、サラダ油とオリーブオイルをひたひたに注ぎ、
ローズマリーとローリエを放り込んで弱火で1時間煮て作りました。
(ぐつぐつさせない。泡立つ程度の火加減。)
サンマの塩加減は「勘」だったけど、ちょうどいい塩梅に出来ていて良かったです♪

サンマトマトパスタ
サンマのオイル煮はトマトパスタに展開しました。
これもまたウマシ!でした♪

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ

ランキング参加してます。
応援ポチッとお願いします。(*^▽^*)

     ********   本日のワインです。 ********


テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

タグ : 塩麹 ミニスキレット ストウブ

22:37  |  白ワイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)
 | HOME |  NEXT