2013年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.02.28 (Thu)

水出汁生活。



ずっと前から気になっていたもの。


それは水だし!!




水だしといってもお茶やコーヒーの事ではございません。

昆布やかつおぶしを一晩水に漬けておいて出汁を取るという
すごく簡単な出汁の取り方があるんです。


例えばコレ↓

Cpicon 簡単だし!おいしいし!の、水出し天然ダシ by たぴねこ

他にも「水だし 昆布」とか「水だし かつおぶし」で検索すると
やり方いろいろ出てきますよ。


しかし、そんな簡単な事すら、今まで少し面倒に思っていまして
(容器を準備して、無くなったら補充&都度容器を洗うこと)
なかなか腰が上がらなかったのですが、


妊娠中は和食を作る事も増えるだろうし、
減塩をする為にはいろんなテクニックがあるわけですが、
(材料を大きく切る。味噌汁は具を多く。醤油は出汁で割る。
柚子や柑橘類の香りで味の薄さをごまかす等・・・)

美味しい出汁を使う事も、
うまみ成分で味付けを薄くしても満足感が得られるので
とても有効だったりするのです。


そこでついに、水だし生活をスタートすることにしました!!


本当はアミのついている冷水筒的な容器でしたかったのですが、
末永く続けられる自信がそこまでなかったので
とりあえず100均で注ぎ口&もち手のある1Lの容器を買って来ました。

水だし

この中に10cmくらいにカットした昆布とかつおぶしひとつかみを入れて
水道の浄水を注ぎ、冷蔵庫に一晩入れといたらもう完成


水だし

※私は昆布は切らずにそのまま入れてしまってます。(後で佃煮にする為)
 で、今は冬なので、同じ昆布で3回転してます。
 気分でかつおぶしを足したり足さなかったり・・・。
 夏は2回転くらいに留めておいた方がいいかもしんないですね。



早速このお出汁を使ってお味噌汁を作ったのですが
すっごく優しい味の味噌汁が出来上がりました。
クリアな味なのになんだかまろやか。


この優しさは何なんだ!!!【゚Д゚】


今まではかつおぶし屋さんで買った粉かつおを「ほんだし」代わりに使っていて、
それだとかつおぶしの香ばしいような味が強く出ていたのですが(今思えば)
水だしの場合、かつおの強い味が全くありません。

入れるかつおぶしの量にもよるんだと思うけど、
濃さ的には水とだしのちょうど中間といったところ。

なので元々強い味の好きな方には物足らないと思いますが、
私はとっても気に入りました♪


そして、家にいつも出汁があるってのは
すごく便利です。

卵焼きにも、スプーンで何杯か気軽に出汁を加えられるし、
出汁醤油や醤油をこの水だしで割って酢の物を作ったり、
鍋の出汁に使ったり・・・。

「白菜と揚げ」などの簡単煮物も気軽に作れるし、
お吸い物も今までよりグーンと登場回数が増えました♪

そして今気になっているのがこの出汁で作った醤油ラーメン。
インスタントやチルドの醤油ラーメンを
出汁で作ると味が上がるんだって。
興味津々。


私は昆布とかつおで作ってるけど、
いりこや干しいたけを入れてもいいんだそうです。
いりこ派の人は昆布&いりこで試してみて下さい。^^

    にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ

【現在の水だしの不満点】
・ 我が家は朝食はパンなので、夕飯を洋食にした場合、出汁の出番が全く無く、
  冷蔵庫で3日くらい持つといわれているが、それ以上出汁が残ってしまう事もあり、
  すごく気になる。(だからってわざわざ冷凍するのは面倒だ)

・ 現在の容器は茶漉しで漉しながら出汁を入れないといけないので
  やっぱり面倒。アミ付きの冷水筒にしたいかも。
  でもドアポケットいっぱいなんだよなー。(-公- ;) 
  

スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん - ジャンル : グルメ

20:08  |  日々の出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2013.02.25 (Mon)

不妊治療のこと。



前の記事で不妊治療代について書いた際
コメントを頂きましたので
こちらで回答させて頂だこうかなと思います。


不妊治療を経験して私が強く感じたことは
「不妊治療って時間がかかるなぁ・・・」という事でした。


全く妊娠の兆しもないまま2年を迎えようとしていた私は、
母から強く勧められたのがきっかけで、
とりあえず自分の体に異常がないかと
タイミングだけ見てもらおうと思って病院に行く事にしたんですが、

元々子供を持つことへの不安が強い方だったので、
どんな事をしても絶対子供が欲しい!!とまでは思っておらず、
だからといってこのままで後悔しない自信もなく、
なんとも煮え切らない気持ちでいました。

とりあえず病院で初期治療をしてみて、
それでダメならそれが運命と思って、
ダンナさんと2人で仲良く暮らして行こう・・・って思ってました。


インターネットで病院を検索し、
(病院も迷いました。不妊治療専門の病院は敷居が高い気がして、
 不妊外来のある婦人科を選びました。
 この時点ではお金もどんだけかかるのか全然分らなかった。)
ドキドキしながら受診してみたわけですが、

私の行った病院では、最初は内診や血液検査からのスタートとなり、
タイミングをすぐに見てもらえるわけではなかったので、
正直ちょっとがっかりしました。
(最初の1ヶ月は検査だけで終わりました。
もちろんダンナさんにも検査を受けてもらいまいした。)

そして実際治療が始まってみると
病院にさえ行けば、100%分かるもんだと思っていた排卵のタイミングも、
実際は100%分かるわけではなく、
先生が基礎体温や、卵胞の大きさから「予想」するだけなので
外れる事もあり(最初は先生も私の体のリズムがつかめてないし)
また、そのタイミングが分かったとしても、自分の卵子の状態が良くなければ
妊娠は成立しないという事が分かりました。


排卵日が狂って、排卵日を逃してしまったり、
排卵はあっても卵胞が育ってなかったりで、
なかなかタイミングを合わせる所までいかず、
(状況悪くても一応合わせるんですけどね・・・
毎回着床率を上げる筋肉注射も打たれました)
時間ばかりがどんどん過ぎていきます。


自分はそこまで妊娠願望が強くなかったはずなのに
毎月がっかりしたし、焦りの気持ちも膨らんでいきました。

このまま1~2年、あっという間に過ぎてしまうのかな・・・
と、不安に思うようになりました。
知人の妊娠や出産の話を聞くのがだんだんと辛くなっていきました。


私でさえこんな状態なのだから、
もっと子供が欲しくって、
もっと年齢が上の人で、
もっと辛い治療をしている人は
どんなに辛いだろう・・・って思いました。


自分自身、不妊治療は「最終手段」と思っていたのだけれど、
実際、病院にいっても子供がすぐに授かれるかどうかは分からないので
自分の中の時間的リミットが少なくなってから病院に行ったのでは、
精神的にかなり辛くなってしまうのでは・・・と思いました。

なので、30歳を過ぎていて、
あれ?なかなか子供が出来ないな・・・・と思われていて、
絶対に子供が欲しい!と思っている人であれば、
早々に病院を受診してみた方がいいのかも・・・と思ったのです。
(とはいっても不妊はデリケートな事なので、 表現しずらく、
 あやふやな書き方をしてしまいました。すみません。)

最終的に、私は3ヶ月連続で排卵が正常にいかなかったので、
排卵誘発剤を処方され、
(自分自身こんなに早く排卵誘発剤を飲む事になろうとは思ってませんでした)
その1回目の誘発剤で運良く妊娠することが出来たのですが、

先生にも「1回でうまいこといったなぁ!!良かったなぁ!」って
驚かれたくらいなので、本当に運が良かったんだと思います。


最後に、不妊治療についてはいろいろなケースがあり、
これはあくまで私の場合であって、
超個人的な感想になりますので、
こんな人もいるんだな・・・くらいに聞いて頂けたらありがたいです。



テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

19:32  |  マタニティ生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。